アフターピルによる避妊失敗のリスクを回避するには

緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルは、低用量ピルのようにホルモンを調整して緩やかに妊娠を防ぐ薬と違い、短時間で強制的に妊娠を回避することを目的として開発された薬です。成功率も高く、ほとんどの場合はこの薬を服用すれば望まない妊娠を避けることができます。ただし世の中に万能薬が存在しないように、精度の高いアフターピルを用いても、まれに避妊に失敗することがあります。少しでも避妊失敗のリスクを下げるためには、まず失敗の原因となるものを知っておくことが重要です。
アフターピルを用いても妊娠してしまう原因はいくつかあります。まずは単純な薬の飲み忘れです。アフターピルの中には2回に分けて服用するタイプのものがあり、このタイプのものは最初に服用してから12時間後に再び服用する必要がありますが、この2回目の服用を忘れる、あるいは12時間という時間を大幅に超えてしまってから服用する場合には、避妊率も低下して妊娠のリスクが高まってしまうのです。
またおう吐により有効成分が体外に排出されてしまった場合も、避妊に失敗する可能性が高まります。アフターピルには副作用もあり、人によっては服用後に気分が悪くなっておう吐してしまうこともあるのです。特に服用後2時間以内におう吐してしまった場合は、薬の成分が十分に体内に吸収されていない可能性があります。
このほかにも性交渉後72時間というタイムリミット内に服用しなかった場合や、以前の性交渉ですでに着床してしまっている場合にはアフターピルの効果を期待することはできません。望まない妊娠は女性の身体にとっても人生にとっても大きなリスクとなります。アフターピルの効果を最大限に活かすためには、なによりも正しい服用方法を遵守することが大切です。