アフターピルの処方と飲む時間について

アフターピルは緊急避妊薬の総称です。性行為や性犯罪により望まない妊娠の可能性が発生した場合に、その妊娠の可能性を回避するために行うことが出来る最適な対策として知られている飲み薬による避妊の方法です。このアフターピルは妊娠の可能性がある性行為の後、遅くとも72時間以内に服用することで効果が発揮されると言われています。アフターピルを飲む時間と言うものは非常に重要であり、対応が早ければ早いほど避妊の成功確率が上がると言われています。一般的にアフターピルを使用する場合には二回に分けて服用します。一回目を72時間以内に服用し、二回目をその12時間後にすることで効果が期待されます。
このアフターピルは産婦人科などの専門医の処方で購入することが出来ます。しかし効果があるとされている飲む時間が存在しているため、あまりゆっくりと待っていることはできないでしょう。日常生活の中に臨まない妊娠を引き起こす可能性のある男女関係を持っているのであれば、事前に専門医からのアフターピルの処方を受けておき、普段からアフターピルを携帯しておくようにすると良いでしょう。性行為を行った後、速やかに服用すればするほど効果が高いとされていますので飲む時間にも適切な配慮が必要であると言えます。性行為の翌日等に病院を訪問して処方を受けても遅いということはありませんが、望まない妊娠を防ぐことの出来る可能性はゆっくりと減少して行きます。そのため避妊をしたいという目的を達成するためには少しでも早くアフターピルを使用するようにしなくてはなりません。最近では土日や祝日でも診療を行っている婦人科がありますので、必要とあればその様な病院を訪問し、薬を入手するようにしましょう。